特発性拡張型心筋症の症状

難病と言われる特別疾患の1つで、特発性拡張型心筋症があるのですが、どのような病気なのでしょうか?

初期の症状は特に何も変化が起こらないという事を特長にしているので、分りり安い症状が出るまで、分からないという厄介な病気になります。
そして進行していく過程で様々な症状が起こってきます。

倦怠感や息切れが起こりはじめ、悪化してしまうと肺に水が溜まってしまうので、寝る時や横になった時に息苦しく感じてしまい、時には咳、血の混じった痰が出るようになってしまいます。
これは心臓の機能が低下してしまっているという心不全の症状になります。

動悸も多くなり、胸の辺りが何か圧迫されているような感覚になり、胸が痛んでしまって、特には全ての症状が合わさってしまった場合には失神が起こってしまったり、そのまま死に至ってしまう事もあるので、とても怖い病気になります。

もし、特発性拡張型心筋症という病名を知らなかったとしても、このような症状が現れた時には可能性が高いかもしれないので、病院で検査する必要があり、病名をはっきりさせる事が大事です。

胸部のレントゲンを撮る事で肺に水が溜まってしまっているのか?などを調べる事が出来ます。
そしてうっ血しているかもしれない場所なども確認する事が出来て、心電図による検査や、エコーを使った検査、シンチ検査や心臓カテーテル検査、心臓の組織検査などがあり、日本では少ない遺伝子検査というものも存在します。

特別疾患という事ですので、はっきりとした原因や治療方法を見出す事は難しい特発性拡張型心筋症なのですが、心筋梗塞よりも少ないのですが、1万人に1人の割合でもたらせてしまう難病になります。

免疫が低下や、心臓の筋肉の異常、代謝の異常などの原因の可能性は考えられるのですが、まだ確定した原因が分かっていないため、特別疾患として扱われています。

初期症状がないという事なので、変化が起こってから検査を受けるという事になると思いますが、薬を処方した治療方法などはあるので、病院でまずは検査してもうらようにしましょう。

拡張型心筋症患者同志の会 | mixiコミュニティ

清々しいヘアーに→http://mugen2323.com/