難病である特別疾患との向き合い方

現在は様々な病気が私たち人間を襲っているのですが、その中でも特に治りにくかったり、不治の病とされている病気を「特定疾患」と呼び、原因不明であったり、治療方法がまだ解明されていないとい非常に厄介な病気になります。

日本や世界の医学は進んで特に先進国日本では発達しているとは言われているもののまだまだこのような「特定疾患」などの病気については治療方法がまだ確立されていないという事もあり、予防も分からないので、もしかかってしまえば入院生活が長くなってしまったり、色々な治療を試すという形になってしまうのです。

「特定疾患」は非常に幅広い病気になり、神経や筋肉から起こしてしまう病気や、消火器や腎臓、泌尿器、循環器、呼吸器や血液、代謝や免疫、内分泌器、骨や関節、皮膚、目や耳などとからだのほとんど場所から病気を引き起こしてしまう可能性がありかつ、原因不明であるという点が多いので、難病と言われているのです。

もちろん日本の医学では難病などについても、どんどん研究を積極的には行っているのですが、それでも追い付かないくらいに、原因不明の新しい「特定疾患」も増えるという状況にもあるので、治療に追いつかないというのが現状でもあります。

しかしこのような難病にかかってしまった場合でも、お医者さんなら何とかしてくれるのではないのか?という事で、人は調べてお医者さんを訪ねるのですが、専門医が居ないという場合もあるので、このような場合は非常に期待外れで、どのように特定疾患と向き合っていけばいいのか?と肩を落としてしまう人も多いです。

また、分らなくてもいいので何とかして欲しい!という事で研究中のお医者さんを訪ねて、医療費なども高額になるけれどもそれでも構わないので、治療をして治してほしい!と藁をもすがる思いで、お医者さんを頼りにしている人もいるのです。

難病と言われる病気は昔から現代にも続いており、もちろん治療方法があるかもしれない!という期待を持てる特定疾患もあれば、まだ未だ分っていないという物もあるので、かかってしまった場合には本当に頭を抱えさせられるものです。

原因不明な疾患が多いという事なので、予防方法ももちろん確立されておらず、かからない為にはどのような事に気を付ければいいのか?という事も分からないので、いつ私たちに降りかかって来る病気なのかも分らないという事になります。

特定疾患は2012年の時点で対象とされている種類は130疾患あると言われているのですが、現在でも増え続けていると言われています。

出来るだけもっと日本や世界の医学が進歩するようになればこのような特定疾患と言われるような難病でも、原因不明という点を改善し、原因を見つけて、そこから治療が出来るというまでに発展出来れば、病気とも正しく向き合い、出来るだけ健康を意識した生活が出来るようになるので、期待したいですね。

 

突発性難聴の治療法

 

原因が不明と言われている病気を特別疾患という種類の病気に入れられて、現時点では130種類以上ある中の一つの病気に「突発性難聴」というものがあります。

これは突然、難聴になってしまうという病気で、難聴の中でも高度な難聴であり、それは突然耳が聞こえなくなってしまって、耳鳴りや、耳がつまったいるような感じに襲われて、眩暈・吐き気なども生じてしまう事があります。

難聴になってしまう場合は、同時に四肢の麻痺であったり、意識に障害が起こってしまうというような症状も見られるのですが、この突発性難聴に関してはそのような神経に関する症状はなく、突然耳が聞こえなくなってしまう病気です。

徐々に耳が聞こえなくなってしまったというような場合は突発性難聴とは言わず、突然起こるというのがポイントです。

しかしどうして急に耳が聞こえないようになってしまうのか?という原因についてはまだ不確実であり、原因が明白ではないという事ですので、特別疾患の病気の1つに挙げられるのです。

急に耳が聞こえなくなってしまうということで、原因は分らないのですが、想定しながら治療は受ける事が出来ます。
ウイルスが感染してしまっているのかもしれないという説、内耳循環に障害があるかもしれないという説などに分けて検査をする事も可能なのです。

ウイルス感染に対する治療方法でしたらステロイドを投与するという方法があるのですが、この治療方法が確実に治る方法なのかという事は明らかにはされていません。

また、内耳循環障害に対する治療方法は抗凝固薬を用いるというケースが多く、時には代謝改善薬や、向神経ビタミン製剤を併用して様子をみるという場合もあります。

もちろんどちらの治療方法も確実ではないのですが、突発性難聴を出来るだけ改善していきたいという患者と医師の思いで、実行しているの、まだあ100%治る治療方法ではありませんが、これが改善出来る方法への道が開けるといいですね。